敏感肌の化粧水どれがいい?【ネットで口コミ評価が高い商品を試して決めました】

敏感肌 化粧水
敏感肌っていう言葉は知らなくても、お肌が痛い、私ってお肌が弱いかも。。と思っている女性は、30代を超えると72%という、現代のストレス社会、働く忙しい女性ならではの数字がでています。この数字は年々上昇傾向にあり、これからも敏感肌に悩む女性の数はドンドンふえていきます。自分の悩みはきっと他の人が解決した悩みの可能性が高いので、敏感肌に特化した化粧品 化粧水選びを完全ガイドしています。敏感肌の最新技術には驚きと、効果が同時に実感できます。【写真は敏感肌に悩む管理人が使って試した化粧水です。】

敏感肌 化粧水 総合人気ランキング

化粧水選びが敏感肌改善の第一歩!お肌に浸透する化粧水だから、敏感肌への影響は最も高いと言われています。@コスメでの評価が低いものはランキングから除外しています。

 

サエル 敏感肌でも美白は効く

 

【春夏の敏感肌部門売上NO1】敏感肌で美白が効きにくい!そんな女性の悩みに対して開発されたのがサエルです。敏感肌は美白効果が期待できる化粧品は、浸みたり、肌トラブルが絶えません。答えは、セラミドやメラニン色素といった成分にあるのですが、サエルは両方からのアプローチをしっかりケアしてくれます。紫外線ダメ―ジを残さない春夏のイチオシコスメ【管理人レビューはコチラ】

価格【トライアルセット】 特徴
1480円【税込】 夏に向けての美白コスメシェアNO1

 

 

 

アヤナス 乾燥性敏感肌×アンチエイジング

 

アヤナスは敏感肌では有名な商品ですが、口コミ評価が高い理由は管理人も使ってみて実感しました。乾燥性敏感肌やエイジングケアが目的なら間違いなくアヤナスをオススメします。ディセンシアは敏感肌専門ブランドという事もあって、敏感肌化粧水では信頼できるブランドです。特許を取得したヴァイタサイクルヴェールで外側と内側からアプローチします。ピリピリ痛むことなく、高品質なエイジングケアを実感できます。肌のたるみがなくなり、パンっと跳ね返すお肌を実感できます。【管理人レビューはコチラ】

価格【トライアルセット】 特徴
1480円【税込】 敏感肌専門ブランド

 

 

 

 

ルナメア 毛穴に届ける技術


ナノ技術を使って毛穴に届ける技術を採用したフジフィルムの化粧水です。めずらしくしっとりタイプとサッパリタイプを選択する事ができて、季節によって変更する人が多いようです。管理人はサッパリタイプを使ってみました。毛穴に浸透するスピードは段違いです。【管理人レビューはコチラ】

価格 特徴
1000円【税抜き】 毛穴に届けるナノ技術

 

 

 

 

 

 

オルビスユー【U】 次世代スキンケア


圧倒的知名度を誇るオルビスから、自信を持ってリリースされたオルビスの最新コスメです。化粧水というコスメに関しては非常に力を入れており、大人ニキビなどのコスメではシェアは1,2位を争う程です。オルビスユーは敏感肌やエイジングケアに特化したコスメとなっており。まだ発売されたばかりで口コミなども少ないですが、先行美容液と化粧水の組み合わせは驚くべき効果です。【トップ写真真ん中あたり】

価格【トライアルセット】 特徴
1200円【税抜き】 ブラックカラーのオルビス

 

 

リペアジェル オールインワン化粧水

リペアジェルは敏感肌のオールンワン美容液です。
主にエイジングケアや、肌年齢を気にされる方が選ばれます。オールインワンという事もあり、働く女性や、化粧品に時間をかけれない人にもオススメです。

 

ココに注目

オールインワンでこれ一本

敏感肌とカサつき

価格 試すなら 評価
1900円【税抜き】 今だけ化粧水付き ☆☆☆

 

 

 

敏感肌の管理人がサエルをオススメする理由!

敏感肌専門で美白コスメって探しても中々見つからないし、見つかっても効果が感じられない化粧水やコスメが多いと個人的には感じていますが、サエルは、結構自信を持ってオススメできます。サエルに辿りつくまで結構色んなの試しました。。スタンダードにサエル試してみてから、お肌に合わなかったら違うブランド試してみるって感じで良いと思っています。

管理人の勝手にオススメするポイント!

 

やっぱり美白シーズンには強い味方になる

ディセンシア、オルビスグループは結構信頼できる【信じています。】

実際に使ってみてお肌の浸透力を実感できた。

お肌がピリピリとかは完全になくなった。。

敏感肌の原因と対策!オススメの化粧水成分ガイド

 

 

 

資生堂が2015年12月におこなった「敏感肌と花粉に関する意識調査」によると、自分の肌について「常に敏感である」および「ときどき敏感である」と答えた人の合計は、なんと82.7%もの高数値になりました。。

 

そう、女性の8割以上は、敏感肌であるという意識を持っているのです。

 

多くの女性が悩む敏感肌の原因は何なのでしょうか?
そして、その対策はどうすればいいのでしょうか?

 

■敏感肌の原因は?

 

敏感肌の最大の原因は、バリア機能の低下。

 

健康な肌は、角質層がしっかり整っていて、外部刺激をその角質がブロックしてくれるのですが、敏感肌の人は角質層が乱れてすき間だらけになっており、外部刺激がそのすき間から入り込んでしまうので、それが炎症・痛み・かゆみなどの肌トラブルを起こしてしまうのです。

 

バリア機能が低下する理由は「ストレスや冷え・睡眠不足など生活習慣面の問題が原因で、肌細胞の新陳代謝が悪くなっている」というのが大きいですが、「肌の保湿ができておらず、角質層に保水力がないため角質がパリパリに乾いて縮み、すき間だらけになってしまっている」というのも挙げられます。

 

■敏感肌の対策法は?

 

敏感肌を改善するためにはまず、生活習慣を見直すことが大切。

 

ストレス解消のためにこまめな深呼吸やアロマ・ハーブティーの利用などを取り入れたり、冷え体質を改善するために入浴は湯船入浴を徹底するよう心がけたり、睡眠も「就寝30分前以降はスマホなどの電子画面を見ず、さらに0時までの就寝&6時間以上の睡眠時間確保」というスタイルを心がけてみましょう。

 

そして肌の保湿については、「角質層の内側からうるおう保湿成分が配合されたスキンケア用品を選ぶ」ということが大切です。

 

■敏感肌の人への、オススメの化粧水成分は?

 

敏感肌対策のためのスキンケアは、スキンケア用品の中でも一番肌に浸透しやすい化粧水の成分を、特に重視することが大切です。

 

そんな化粧水の成分として、敏感肌対策のために絶対に欲しいのが、セラミド2。

 

角質間で水分をはさみこんで保水してくれる作用を持つセラミドには、いくつかの種類がありますが、その中でもセラミド2は、人間の肌に存在するセラミドの中で一番多い割合を占めている「主要セラミド」と言えます。保湿作用がきわめて高く「乾燥から来る敏感肌」の改善にはうってつけの成分です。

 

ただし、このセラミド2を、そのまま配合しただけの化粧水は、そのセラミド2の浸透性にやや不安があります。

 

ですからできれば、「セラミドナノスフィア(ヒト型ナノセラミド)化したセラミド2を配合している化粧水」を選びましょう。セラミド2をナノ化することによって、浸透力が数倍に高まり、しっかりと角質層内で働いてもらえる効果が期待できるのです。

 

また、敏感肌の人は、「肌が外部刺激によって炎症などのトラブルを起こしやすい」という弱点を持っているので、消炎作用を持つコウキエキスも欲しいところです。

 

さらに欲を言えば、「肌の新陳代謝をサポートするための成分」や、「ストレス対策のためのリラックス成分」「敏感肌は肌が傷んでくすみも出やすいので、その対策成分」なども欲しいですね。

 

肌の新陳代謝をサポートするための成分としては、真皮細胞を作り出すために不可欠な腺維芽細胞の活性化作用が期待できるビルベリー葉エキスや、血行促進作用や冷え改善作用が期待できるジンセンX(オタネニンジンエキス)、リラックス成分としては、ラベンダーやゼラニウム(ニオイテンジクアオイ)の天然エキスを使った「自然のリラックス系の香り」がオススメです(合成香料はダメですよ!)。

 

また、リラックス系の香りと言えばローズマリーエキスもオススメですが、実はこのエキスはメラニン生成の元を抑制する作用にすぐれているので、くすみ対策にも使えるスグレモノですよ。

 

というわけで、敏感肌対策の化粧水成分は、まずはナノ化したセラミド2(セラミドナノスフィア)を最優先に考え、そこから、肌のトラブル防止成分・さらにプラスアルファの作用が期待できる成分、という感じの優先順位で、選択を絞りこんでいきましょう。

敏感肌を化粧水で対策するメリット

 

 

敏感肌対策のためのスキンケア用品は数多く出回っており、その中にはオールインワンタイプのゲルやクリームなどもありますよね。

 

「ひと手間だけで済むオールインワンのほうが便利で良さそう」と思う人も居るでしょうが、ちょっと待って下さい。

 

敏感肌の人は、オールインワンコスメを使うよりも「まず化粧水をつけて、その次に美容液、仕上げにクリームを使う」という手順を踏むほうがオススメですよ。

 

■敏感肌のスキンケアの手始めに化粧水がオススメな理由

 

なぜ、オールインワンコスメを使うより「まず化粧水をつける」というやり方のほうがオススメなのかというと、「化粧水をしっかりとなじませた方が、角質層内への成分の浸透性がはるかに高い」という大きなメリットがあるからです。

 

 

化粧水というのは、「角質層内への、スキンケア成分の導入役」を果たす存在です。先に化粧水が角質層内のすみずみまで行き渡ることによって、「角質層内に成分が届く道筋」ができて、その後に美容成分濃厚な美容液などをつけた際、その成分が角質層内まで到達しやすくなるんですよ。

 

敏感肌の人は角質層の状態が乱れており、「角質層を内部からケアして改善する」という対策が不可欠なため、スキンケア用品の成分が角質層内に浸透することは、とても大切なことなのです。

 

さて、「オールインワンでも、浸透性がいいと宣伝しているものもあるよ?」と思う人も居るでしょう。

 

確かに、オールインワンコスメも浸透性は年々改善されつつありますが、それでも、化粧水の浸透性にははるかに及ばない、というのが現状です。
これは実際に、新聞紙などにオールインワンコスメだけをつけるのと、「化粧水のあとに美容液やクリームを加える」という形でつけるのとを比較してもらえれば、その浸みこみ具合の差がイメージしやすいと思います。

 

■浸透するからこそ成分は要チェック!

 

というわけで、角質層内にケア成分をしっかり届けるために、敏感肌の人は化粧水を使うことがおすすめなのですが、しっかり浸透するからこそ、成分内容はしっかりチェックしておくことが必要です。

 

肌の乾燥を招くアルコール(エタノール)・鉱物油成分であるミネラルオイル・刺激性の高い保存料のパラベン・アレルギーなどのリスクが高い合成香料・肌の上で化学変化を起こしてしまう紫外線吸収剤などが入ったものはオススメできません。

 

こうしたハイリスクな成分は不使用で、なおかつ、ナノ化したセラミド2(セラミドナノスフィア)をはじめとした、敏感・乾燥肌対策成分が豊富なものを選びましょう。

 

あと、化粧水・美容液・クリームがセットとなっているスキンケア用品で「化粧水だけをつける」という人も居ますが、さすがにそれだけでは必要な成分が不足気味になってしまいますので、きちんと美容液やクリームも手順通りに使うことが大切ですよ。

当サイトのテーマ!敏感肌って自覚してない人がほとんど。

 

敏感肌の自覚って実はすごい少ないようです。というか敏感肌という言葉さえ知らない方もたくさんいます。
ですが、実は自分はお肌が弱いとか、肌荒れが気になるとか、ストレスですぐお肌が痛くなるとか。。。敏感肌っていう言葉は全然知らなくて、対処法はわからないけど、その症状って敏感肌に当てはまりますよって、人が多くいます。
そこで症状や、対策法を知ってれば色んな対処方法があるのに、知らないのはもったいないと思っています。
敏感肌女性の増加はドンドン増えてきているようで、敏感肌に対する化粧品ブランドも多く存在しています。そこにはしっかりと女性の立場に立って開発された商品があり、熱心に研究された化粧品や、化粧水は非常に高い効果を発揮すると管理人は思っています。当サイトは、敏感肌の化粧水をおススメするサイトですが、トライアルセットを試したり、症状や、肌の悩みにあった商品選びをオススメしています。長期的に化粧品を変えたり、睡眠時間のリズムを作ったり、ヨガやストレッチをしっかり継続することで、ゆっくりと敏感肌は少しずつ強いお肌を取り戻していくのではと思っています。

 

ワンポイント

アンチエイジング化粧品は敏感肌の人でも使える人が多く、エイジングケア=敏感肌ケアと言っても過言ではありません!!
だから、セラミドなど配合されている成分が多くカブっていることが多いのです。

更新履歴